広告

過去の事例から考える!真っ先に品薄になりそうなもの8選

スポンサーリンク

今回は「【買占め・品薄】過去の事例から99%真っ先に消えるもの」に焦点を当ててみました。

 

災害やパンデミックの時、「あれもこれも買っておけばよかった」「急に品薄になって困った」と思ったことはありませんでしたか?

ここ数年の出来事だけでも、たくさんの商品が品薄になり、多くの方が困った経験があると思います。

そこで今回は、過去の事例を参考に厳選した、真っ先に消えるもの、品薄になるものを8品を紹介します。

ぜひみなさんの備蓄の参考にしてください。

 

スポンサーリンク

→楽天マラソン・セール事前エントリー

\備蓄品・購入品はこちら/ 

過去の事例から考える!真っ先に品薄になりそうなもの8選

品薄になるもの

食用油(オリーブオイルなど)

早速一つ目。食用油です。

中東や地中海地域からの輸入が多く、紅海など海運の混乱で供給が遅延する可能性があります。

過去の事例ですと、2021年のスエズ運河の封鎖で食用油の供給が遅延し、価格が高騰しました。

 

最近も不作に加え、輸送費の高騰により、オリーブオイルが2倍以上の価格になっていますよね…。

以前、598円で買えたボスコオリーブオイルも、先日店頭で見たら1400円ほどになっていました。

品薄になるもの

いつも使っているオリーブオイルやキャノーラ油など常に備蓄を意識することをおすすめします。

created by Rinker
BOSCO(ボスコ)
¥2,150 (2024/07/14 17:03:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

パスタ・乾麺

続いて、2つめ、パスタや乾麺です。

品薄になるもの

イタリアやトルコからの輸入が多く、過去の事例では、パンデミックでパスタや乾麺の需要が急増し、供給が一時的に追いつかなくなりました。

昨今も物流の混乱により、価格が上昇、品薄になっているものもあります。

バリラのスパゲッティや、ディ・チェコのパスタなどのパスタ、乾麺は早めに 備蓄しておきましょう。

created by Rinker
Barilla
¥2,680 (2024/07/14 16:37:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DE CECCO(ディ・チェコ)
¥1,230 (2024/07/14 16:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

スパイス・ハーブ

続いて3つ目、 スパイスやハーブです。

品薄になるもの

スパイスやハーブは、インドや中東からの輸入が多く、紅海などの海運の混乱が供給に影響を与える可能性があります。

過去の事例として、パンデミックにより、スパイスの供給チェーンが混乱、価格の変動や不足を引き起こし、供給が一時的に減少しました。

また 最近も、スパイスの価格が上昇しているので、カレー粉、ハーブミックス、乾燥スパイスなど備蓄しておくといいですね。

うちもお気に入りのカレー粉、スパイスは備蓄済みです。

created by Rinker
第3世界ショップ
¥601 (2024/07/14 16:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

缶詰(特にオリーブ漬けのもの)

続いて4つ目、缶詰です。特に魚やオリーブオイル漬けのものが該当します。

品薄になるもの

地中海地域からの輸入も多く、過去の事例として、地中海の漁業問題が影響し、缶詰の供給が不安定になったことがあります。

オイルサーディンや、オリーブオイル漬けの缶詰は備蓄しておくといいでしょう。

 

ドライフルーツ・ナッツ

続いて5つ目、ドライフルーツやナッツです。

中東やアフリカからの輸入品が多く、紅海の影響を受けやすいです。

過去の事例として、2021年3月に巨大コンテナ船「エヴァーギヴン」によってスエズ運河が封鎖され、世界中の供給チェーンに大きな影響を与え、ドライフルーツやナッツの供給が遅延しました。

そして、現在も紅海の混乱により、輸送の遅延や価格の上昇が見られています。

うちは、美味しくて大好きなトルコ産のレーズンは多めに備蓄しています。

created by Rinker
デルタインターナショナル
¥1,123 (2024/07/14 17:03:35時点 Amazon調べ-詳細)

品薄になるもの

 

コーヒー豆

続いて6つめ、コーヒー豆です。

エチオピアやイエメンなど紅海沿岸国からの輸入が多く、供給に影響が出る可能性があります。

実際、過去の事例として、エチオピアの内戦が原因でコーヒー豆の供給が不安定になったことがあります。

また、現在もコーヒー豆の価格がどんどん上がっており、8月には、キーコーヒーが20~30%値上げ、9月からUCC上島珈琲やAGCブレンディ、ネスレのボトル珈琲の値上げが控えています。

うちは、お気に入りのドリップ小川珈琲をたくさん備蓄していますよ。

created by Rinker
小川珈琲
¥1,997 (2024/07/15 02:54:40時点 Amazon調べ-詳細)

品薄になるもの

 

ペットフード

続いて7つ目、 ペットフードです。

原材料や製品の一部が海外からの輸入に依存しているため、紅海の混乱が供給に影響を与える可能性があります。

過去の事例としては、パンデミックによる影響で2021年12月に発生したペットフード不足。

多くの飼い主が通常購入していたブランドのペットフードを見つけることができず、代替品を探すために複数の店舗を回ることを余儀なくされました。

そして、先月も、SNSで、ロイヤルカナン治療食リキッドが品薄で、高額転売にまわってしまい、本当に必要な人が買えないので、どうか助けてください、というポスト見たばかりです。

人は何でも食べられますが、大切なペットは別です。

ペット関連の食料は豊富にそろっているうちに余裕をもって備蓄しておきましょうね。

 

紙類

続いて8つ目、紙類です。

これは、記憶に新しいですが、パンデミック時、トイレットペーパーのパニック買いで需要が急増し、供給が追いつかなくなりました。

この時のように、SNSで不安になる写真やデマが流れると、速攻パニック買いが起こります。

 

トイレットペーパーに関しては、以前から経済産業省が1カ月分の備蓄を奨励しています。

その理由は生産の大半が静岡県に集中しており、地震、また富士山噴火などが発生した場合、供給が滞る可能性があるためです。

日本国内で消費されているトイレットペーパーの約98%が国内生産ですが、パニック買いの定番でもあるので、必ず備蓄しておきましょう。

スペースがない方は、こちらの6倍巻きがあれば安心ですよ。

品薄になるもの

 

過去の事例から考える!真っ先に品薄になりそうなもの:まとめ

ということで、以上、「【買占め・品薄】過去の事例から99%品薄になりそうなもの8選でした。

過去に一度でも店頭から消えたものは、再び消えます。

そして、品薄の傾向がみられるとすぐに、転売屋が登場し、高額転売されます。

いざ、店頭から消え、パニック買いが起きても冷静でいられるための備蓄は必要です。

今回上げた8つを参考に、自分の暮らしに照らし合わせた備蓄をしておきましょうね。

動画はこちら↓